クロス(金)編


  • 柄のある金
  • シンプルな金
  • 粒感のある金
  • 黒と金

柄のある金

 

金のクロスを使用したいとの依頼があり、各メーカーから金のクロスを取り寄せました。せっかくなので、まとめてみたいと思います。まずは柄のあるクロス。華やかさを演出したいときに使用することが多いので、ダマスク柄や古代壁画のようなものまであります。柄は好き嫌いが分かれるところもあるので、クライアントと一緒に選んでいきます。

 

左から

SWT2708、9800円/本(10m巻)

SWT2706、9800円/本(10m巻)

SWT2707、9800円/本(10m巻)

SGA744、2200円/m

シンプルな金

 

次は比較的に柄の少ないシンプル目のものです。このあたりであれば、柄のような主張が少ないので使用しやすい印象があります。一番左のものは弊事務所でも大面積でも使用したことがあります。

 

左から

SGA754、2200円/m

SW2173、6400円/m

SW2174、6400円/m

SGA214、6000円/m

粒感のある金

 

柄ともシンプルとも分類できなかったものです。スパンコールのクロスはパンチがあります。

 

左から

SGB719

SGA746、2200円/m

SGA174、2400円/m

SGA182、7600円/m

黒と金

 

左から2番目のものは暗い空間に局所的に照明をあてる計画で使用しました。黒と金は惹きつけるものがあります。

 

左から

SGA183、7600円/m

SGA750、2400円/m

SW2036、5700円/m

終わりに

金色をベースにまとめてみました。実際に使用すると光を反射して想像以上に綺麗です。照明計画や光の色もあわせて使うと良いと思います。例えば銀色や反射性の強い表面であれば、光を電球色にすれば金色に見えます。金色の場合はより金に見せることができます。弊事務所では光の色や強さ、光の当たる面や素材には常に気を使っています。

<お問い合わせはこちら>

Mail: info@furudougu-kitamura.com

Tel: 080-5303-2051

 

<オフィス>

大阪市西区西本町1-4-1

オリックス本町ビル4階 fabbit