フローリング


  • 無垢フローリングと複合フローリング
  • メリットデメリット
  • 何で値段が決まる?

無垢フローリングと複合フローリング

 

 

今回は「フローリング」について取り上げます。

木のフローリングは大きく二つの種類に分けられます。写真左が無垢フローリング、右が複合フローリングです。違いは簡単で、「無垢=一枚の木の塊でできている」or「複合=表面のみ薄い木材でその下は合板等が積層されている」ものです。写真を見ていただければ一目瞭然かと思います。

メリットデメリット

 

 

無垢フローリングと複合フローリングのメリットデメリットを列記します。

 

無垢フローリング

・全て本物の木

・木材そのものの温もり

・調湿機能あり

・経年変化、愛着品

・反りやすい

・複合よりも一般的には高価

 

複合フローリング

・表面は本物の木

・傷や汚れに強い製品が多くある

・反りにくい

・無垢よりも一般的には安価

・若干踏み心地が硬い

・経年変化というよりも経年劣化の製品もある

何で値段が決まる?

 

 

木フローリングは下記の条件で値段が変わってきます。

 

・無垢>複合

 

・OPC(一枚もの)>UNI(ジョイントあり)

→平面的な継ぎが無しか有りかということです。フローリングも例えば1800mmの長さを一枚でとるか、途中900mm前後で継いでも良いか等が製品によって異なります。

 

・節が少ない>節が多い

住宅では気にする方が少ないかもしれませんが、節の大小、数の多さで値段が変わります。高級なホテル等では節はNGです。

 

・貴重樹種>一般樹種

一概には言えませんが、選ぶ樹種で値段が大きくかわります。ウォールナットなのかオークなのかチークなのか、、、色や仕上がりをクライアントと一緒に見てイメージに近いものを選びます。

おまけ

 

 

フローリングよりも安く、となると「塩ビタイル」「クッションフロア」が選択肢として挙げられます。これらは、本物の木ではなく、木目柄の塩ビ素材の製品です。できるだけ本物志向でフローリングを使いたいですが、汚れに強い等の理由で店舗では塩ビタイルをお勧めすることも多くあります。並べてみます。

一番右が塩ビタイルです。一番右のみ、本物の木でなく、タイルに木目柄をプリントして凹凸加工、ということです。もちろん、クライアントの好き嫌いもありますが、デザイナーとしては、本物志向か偽物素材か、の二択を突きつけられることになるのです。どちらが正解かということではなく、コストも考慮した適材適所を心がけています。

CONTACT

メール info@furudougu-kitamura.com

電話 080-5303-2051

 

OFFICE

〒550-0005

大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4階 fabbit  CORRED DESIGN OFFICE

 

CONTENTS

<主な業務内容>

建築・インテリアの設計、家具・照明のデザイン(サロン/カフェ/レストラン/飲食店/アパレル/物販店/クラブ/バー/ラウンジ/民泊/ゲストハウス/ホテル/ギャラリー/ラーニングコモンズ/オフィス/シェアスペース/展覧会場/古民家/町屋/リノベーション/住宅)