パイプ棚・パイプテーブル


  • 19φのメッキパイプ
  • 19φ用のクランプ
  • 19φ用のエンドキャップ

19φのメッキパイプ

 

 

今回はパイプを組み合わせてつくった「オリジナルの棚」を紹介します。

 

実際に作って利用していたのですが、仕事で「ウチにも同じ作りで導入したい」と連絡があったりしました。組み替えが自由にできるので、各パーツについて記載していきます。

 

<まずはパイプについて>

・19φのメッキパイプ

もともとは造園用のパイプです。質感が良かったのと、パイプカッターを使用すれば自分でカットできます。19φと決めたのは、見た目がスリムで綺麗だったからです。これ以上の径だと太く見えると感じました。

 

<実は試したいアイデア>

・19φのステンレスパイプ

・19φの木の丸棒

・19φのパイプに塗装着色

径が同じであれば組み合わせ可能です。

19φ用のクランプ

 

 

パイプ同士を接続する金物です。2本のパイプを自由な角度で接続できる自在クランプのみを使用しています。

こだわったのはゴールド色の製品を使ったことです。

19φ用のエンドキャップ

 

 

最後に端部の処理についてです。

これまでの写真では端部は切りっぱなしですが、安全面を考えるとキャップをするのが良いと思います。ステンレスのエンドキャップもありますし、意匠性を損ねずに端部の処理ができます。

 

下の写真は足元にアジャスト機能付きの足をつけたものです。高さ調整ができます。

終わりに

 

パイプ棚についてまとめてみました。他にも可能性が広がりそうですね。今回は触れませんでしたが、実は棚板も節のない構造用合板をホームセンターに通って集めるといった、こだわりが詰まったものです。

CONTACT

メール info@furudougu-kitamura.com

電話 080-5303-2051

 

OFFICE

〒550-0005

大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4階 fabbit  CORRED DESIGN OFFICE

 

CONTENTS

<主な業務内容>

建築・インテリアの設計、家具・照明のデザイン(サロン/カフェ/レストラン/飲食店/アパレル/物販店/クラブ/バー/ラウンジ/民泊/ゲストハウス/ホテル/ギャラリー/ラーニングコモンズ/オフィス/シェアスペース/展覧会場/古民家/町屋/リノベーション/住宅)