シェア空間


  • 必要な機能とは?
  • 具体的な仕掛けとは?

必要な機能とは?

 

今回は「シェア空間」について取り上げます。

シェアについて考える機会があったので、シェアオフィスやラーニングコモンズを例に整理しています。

 

これらの場所では以下のような機能が求められます。

 

*利用者の多様な目的に対応する

・グループ利用

・個別利用

・発表や展示

*気分を切り替える場所

・飲食コーナー

・ブックコーナー

*情報の共有

・情報通信端末

・シェアライブラリ

*管理者の居場所

・スタッフスペース

・バックヤード

 

これら全体を通して、コミュニケーションを誘発することが求められます。

そして、機能に拠らず共通に空間に必要だと思うことがあります。

 

 

*空間として必要なこと

自然(光、風、植物)を取り入れた居心地の良さ

可変性、可動性、選択性があること

・特別な場所としてのシンボル性を持つ

 

これらの空間的な仕掛けがとても大事だと感じています。

具体的な仕掛けとは?

簡単なスケッチですが具体的なシーンを整理しました。

 

①スタンディング

エントランス付近での偶発的なコミュニケーション、気分を変えて立ち作業。

②ミーティング

グループでの打ち合わせ、ディスカッション。お互いの距離は900mm前後。

③集中

個人での居場所。隣りの人との距離は1200mm以上確保。

④シェアライブラリー

情報端末や本等。収納を兼ねつつ、人と人を繋ぐマグネットスペース。

⑤展示ウォール

壁面いっぱいのホワイトボード、スクリーン

⑥展示レール

日常の展示やイベント時といった様々な展示に対応できる、可変性のあるもの。

 

 

実際の設計は、

計画地の場所の特性を読み、

これらのシーンを組み合わせてゾーニングしながら、

全体のデザインを調整していくことによって、

 

コミュニケーションが誘発される、居心地の良い人の集まる空間をつくります。

<お問い合わせはこちら>

Mail: info@furudougu-kitamura.com

Tel: 080-5303-2051

 

<オフィス>

大阪市西区西本町1-4-1

オリックス本町ビル4階 fabbit