造作家具の木板を選ぶ


  • ラワン材、シナ材
  • 構造用合板

ラワン材、シナ材

 

今回は造作家具に使用する木板についてです。

大工さんにつくってもらう、造り付けのカウンターテーブルやベンチでの使用を検討中です。

上の画像左:ラワン材、右:シナ材

 

ラワン材、シナ材はよく使います。

安価で仕上がりも綺麗だからです。

 

使い分けとしては、

・ダークブラウン等の濃い色→ラワン

ホワイト系の明るい色→シナ

として、都度合うものを選択しています。

 

コンクリートの空間に合うのがラワン、白のナチュラルな空間に合うのがシナ、とも言えます。

構造用合板

上の構造用合板も候補に入ってきます。

 

構造用合板は通常は壁や天井の下地等で使用する針葉樹の合板です。

ホームセンター等でも売っていますが、節が多いものが多く綺麗とは言えないものも多いです。

弊事務所では、節の無い板を選定したり、節の少ない構造用合板の製品を導入しています。

 

木目が強く、木目柄のコントラストが大きいです。

写真の右の板のように、オイル塗装を行い、イメージ通りの色に合わせて使用します。

<お問い合わせはこちら>

Mail: info@furudougu-kitamura.com

Tel: 080-5303-2051

 

<オフィス>

大阪市西区西本町1-4-1

オリックス本町ビル4階 fabbit