House S 畝の家



風土 / Climate

引用画像:『春秋』西田恵泉画 「民誌・綣の歴史と文化」綣の歴史と文化編集委員会編集

畝 / Ridge

ふるまい / Behavior


House S

畝の家

滋賀県栗東市綣の住宅である。栗東市は元々は農耕を中心に発展した都市であり、近年は急速な住宅開発が進んでいる。そのため計画地の周辺環境は、昔からの田畑と新築まもない住宅とが混在する地域であった。町を歩くと田畑の風景に風土や慣習が感じられる。栗東の歴史をまとめた書籍『民誌・綣の歴史と文化』を読むと、栗東の原風景として人々が田畑の畝(うね)に腰掛け、横並びで会話する風景が残っている。設計にあたって、このような土地の風土について考察し、想像し、造形を繰り返し、一方で更新の只中にある町としての現代性とも向かい合った。そのように設計された建物は、1つの住宅であっても町の新たな側面について発見があるものになると考えている。

 

敷地は歪んだ三角形をしており、道路に広く接する角地である。そっと正方形のボリュームを配置して、三角形敷地と建築の間にできる余白を庭や駐車スペースとして有効活用しながら、田畑が残りゆとりを感じとれる栗東の町並みと調和するような計画とした。庭は住宅としてのプライバシーを確保するための木塀を設けつつ、近隣の田畑とオープンスペースとして緩やかにつながる。この木塀は、施主が子供の頃からあったコンクリートブロック塀をアレンジしてつくることで、積み重ねられた時間と接続し、腰掛けてのどかな田畑の景色を楽しむことができる。

 

内部空間は庭に面して大きな吹き抜け空間をつくり、そのスケールと呼応するように線形の伸びゆく家具を配置した。家具は家族のつながりをつくり、伸びゆくことで外への広がりや町へのつながりも感じさせる。栗東の歴史をまとめた書籍『民誌・綣の歴史と文化』を読むと、栗東の原風景として人々が田畑の畝(うね)に腰掛け、横並びで会話する風景が残っている。畝はちょっとした高低差であるが、人々を定着させ、境界をつくり、一体感をつくる。畝が人々の自然なふるまいを生み出したように、家族や訪れる人々を自然につなぐ工夫としての伸びゆく家具、日常と共にあり、この場所にふさわしいゆったりとした空間のあり方を目指した。1階と2階の伸びゆく家具は、高低差を持ちながらも平行に伸びることで一群となり、適度な距離を持ちつつも一体感をつくる。窓は伸びゆく家具と関係を持つように計画し、風が通り、光のリズムのある居心地の良い窓辺の居場所をつくり出した。

所在地:滋賀県

主用途:住宅

規模:木造2階建

施工:栗東ハウジング

共同設計:西村里美

写真:髙橋菜生


CONTACT

メール info@furudougu-kitamura.com

電話 080-5303-2051

Contact▷

 

OFFICE

〒550-0005

大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4階 fabbit  CORRED DESIGN OFFICE

 

CONTENTS

<主な業務内容>

建築・インテリアの設計、家具・照明のデザイン

(サロン/カフェ/レストラン/飲食店/アパレル/物販店/クラブ/バー/ラウンジ/民泊/ゲストハウス/ホテル/ギャラリー/ラーニングコモンズ/オフィス/シェアスペース/展覧会場/展示会/企画ブース/フラワーショップ/花屋/古民家/町屋/リノベーション/住宅)