essay 「独自ルールの野球」と建築

日々のエッセイ


子供の頃、

友達とつくり出した「独自ルールの遊び」をしていなかっただろうか。

思い返すと、この遊びが建築の設計と通じる部分があると感じる。

 

今でも覚えているのは、小学校4年生ぐらいの頃、

大きなグラウンドは上級生にとられて使用できず、

僕ら仲間達は校庭の小さな一角で独自ルールの野球をしていた。

 

独自ルールの野球というだけに、

ルールは仲間内で話し合って決めた。

電柱にタッチすれば一塁、向こうのフェンスの端が二塁、タイヤの遊具が三塁という具合に。

四年生がクリティカルヒットすればギリギリ届く距離にある柵に当たればホームランと、

自然と周りの環境を取り込んで遊んでいた。

 

その野球はとても面白かったと覚えている。

もちろんベースのある整備されたグラウンドも良いが、

でも、それとは比較できない面白さがあった。

 

なぜであろう、決して広い場所だった訳でも無く、

ボールも紙をラップで巻いたもの、バットもペットボトルだった。

しかし、その制約が仲間達にルールつくりのきっかけを与え、

オリジナルの遊びへと変化をもたらした。

 

僕たちは場所の特性を自然と発見して、反応して、この遊びに取り入れた。

誰が言ったかわからないそのルールの集積が、

もしくはそのルールを話し合うこと自体も楽しかったのだ。

 

四年生の身体感覚と呼応するボールやバット、

そしてコート(と呼んで良いのかわからないが)の大きさ、

全てが身体とつながっていたように感じる。

 

建築設計に読み替えると、

敷地の特性を発見し、読み解き、形にすること。

敷地の制約が建築自体を面白くするきっかけをくれる。

 

場所に対する感度は子供以上に研ぎ澄まされている。

その敷地ごとに、厳しい条件下でどのような建築が描けるか、

平面図をもって検討を重ねる。

 

数多くの関係者で話し合って、それらの敷地特性を調査し、

計画の中でより豊かに発展させることが、

設計者の腕の見せ所でもある。

 

身体とつながったと感じるスケールやプロポーション。

オリジナルのルールやつくりかたを開発するのは、

大人になっただけで子供の頃の遊びと同じかもしれない。

 

僕たちはその遊びを誇りに思っていた。

仲間達と明日の昼休みもどんなプレイをするか盛り上がっていた。

 

野球というルールを元に、

自分たちに合った独自の遊びをつくり出したように、

積み重ねられた建築の類型を元に、

その場所、その人に合った独自の建築をつくりたいと願って。

CONTACT

メール info@furudougu-kitamura.com

電話 080-5303-2051

Contact

 

OFFICE

〒550-0005

大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4階 fabbit  CORRED DESIGN OFFICE

 

CONTENTS

<主な業務内容>

建築・インテリアの設計、家具・照明のデザイン

(サロン/カフェ/レストラン/飲食店/アパレル/物販店/クラブ/バー/ラウンジ/民泊/ゲストハウス/ホテル/ギャラリー/ラーニングコモンズ/オフィス/シェアスペース/展覧会場/展示会/企画ブース/フラワーショップ/花屋/社長室/古民家/町屋/リノベーション/住宅)