浴室の設計 歴史に学ぶ


日本の浴室の歴史を学び、

「現代の浴室」を考える。

 

■初期

温泉や自然の洞窟を利用したもの。

キーワードは「自然」

 

■6世紀

仏教の伝来とともに、お風呂の文化が中国から伝わる。

仏教でお風呂に入ることは「七病を除き、七福を得られる」と説かれていた。

キーワードは「健康」「福」

 

■奈良時代

寺院では浴堂が備えられる。

東大寺の大湯屋(推定701年から800年、1239年大改造)

法華寺の浴室(奈良時代)

相国寺の浴室「宣明」(推定1400年頃)

一般には普及していなかったため「施浴」として庶民も利用できるよう慈善事業が行われた。

キーワードは「身を洗い清める」「施浴」

 

■鎌倉時代、室町時代

幕府や寺院により施浴の習慣が受け継がれる。

縁者たちを招待して風呂や食事を振る舞う「風呂ふるまい」

キーワードは「ふるまい」「宴会」

 

■江戸時代

「銭湯」の登場

蒸し風呂の一種である「戸棚風呂」の形式(今でいうサウナ形式)

湯気が逃げないように出入り口は「石榴口」として工夫された

当時は男女混浴

キーワードは「社交場」「憩いの場」

 

■慶長年間の末

「据え風呂」の登場

一般家庭に普及する

桶の中に鉄の筒を設置した「鉄砲風呂」

桶の底に平釜を設置した「五右衛門風呂」

キーワードは「一人利用」

 

■明治時代

銭湯は「改良風呂」となる

これは浴槽に湯をたっぷり入れ、

洗い場は広く、天井は高く開放的な空間となった。

キーワードは「清潔感」「開放的」

 

■大正時代

近代化が進む

タイル貼り、水道設備の普及

キーワードは「衛生面の向上」

 

■現代

電気・ガス利用等の風呂の「多様化」

温度自動調節、乾燥機能などの「高度な機能」

ジャグジーや照明計画など「エンターテイメント性」

スーパー銭湯などの「複合化」

バリアフリー等の「快適性の追求」

暮らしの中の「癒し」

<お問い合わせ>

メール  info@furudougu-kitamura.com

電話   080-5303-2051

フォーム  お問い合わせ▷

 

<オフィス>

〒550-0005

大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4階 fabbit

CORRED DESIGN OFFICE

 

<主な業務内容>

建築物の設計及び工事監理

インテリア・家具・照明のデザインなど幅広く行います

 

<業務エリア>

大阪を中心とした関西圏

デザイン業務は日本国内ご対応いたします