徳山商店 大阪生野コリアタウン


コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/什器/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/什器/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/什器/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/什器/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/照明/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/照明/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/照明/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/什器/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/商品/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/商品/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/商品/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋
コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋

コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋/パース

店内にもうひとつの市場をつくる

コレッド/corred/建築/インテリア/デザイン/設計/商店/韓国食品店舗/コリアタウン/屋台/大阪/鶴橋/パース

魅力たっぷりの市場空間


徳山商店

大阪生野コリアタウン

 

大阪の生野コリアタウンにある韓国食品店「徳山商店」の改修計画である。

 

生野コリアタウンは韓国の食や文化を取り扱う店舗がずらりと建ち並び、まるで韓国の市場に来たかのような場所である。ストリートに店舗がひしめき、人々が集まってエネルギーに満ちている。改修計画は、このストリートの魅力をいかに店内まで引き込むかに焦点をあてた。ストリートと店舗、都市と人の活動が重なりあって豊かな関係性を築くことを考えた。

 

最初に生野コリアタウンを訪れたとき、タイの露店での経験が頭をよぎった。タイの露店は路上にイスとテーブルを並べて、そのまま路上で食べる。都市の只中で食べるという特別な体験であり、リアルタイムで変化するストリートでの食事は楽しかった。店舗計画では、ストリートから得られる特別な体験を随所に盛り込むことを考えた。

 

メインストリート側は、行き交う人とお店の交流が生まれるようにストリートに面して小さな屋台を並べた。大きな建築ではなく、かわいいスケールの屋台が形を変えながらたくさん連続することで、市場としての魅力をつくる。屋台は木箱、野菜入れ、波板、といった地域の日常にある素材をアレンジしてつくり、ストリートの風景をとり入れている。屋台は路地へも展開する。路地の屋台は、焼き台とカウンターを設置し、チジミやトッポギの焼きたてを食べることができる。「ここで食べるのが良いよね」という声も聞こえてくる。

 

たくさんの屋台の集合によって、店内に回遊性のある「もうひとつの市場」をつくった。結果、お店の奥の方でも活気がある。既存建物は伝統的な韓国寺院をモチーフにしていて、装飾的な庇や伝統模様がついていた。改修によって一新するのではなく、既存に新しい部分を重ねて全体で賑わいを出すデザインとした。タイでみた露店の魅力は、雑多な重なりにある。過剰な庇、看板の応酬、無数の台、そこに秘められた魅力を抽出してデザインに展開した。ストリートに着目することで、建築と都市がもっとフレンドリーな関係を築くことを目指した。

<お問い合わせ>

メール  office@corred.info

電話   080-5303-2051

フォーム  お問い合わせ▷

 

<オフィス>

〒550-0005

大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4階 fabbit

一級建築士事務所 CORRED DESIGN OFFICE

大阪府知事登録(イ)第26437号

 

 <業務エリア>

建築・インテリアの設計及び監理

大阪、京都、兵庫、滋賀など関西圏を中心に

デザイン業務は全国のご対応をしております